【TED】”自分が信じられなきゃ、誰も信じてくれない。” 誰もが必要なリーダーシップの考え方

 How great leaders inspire action

Simon Sinek at TEDxPuget Sound

”人はあなたが信じることを信じる”
というフレーズが、すごく好きです。

”自分が信じられなきゃ、誰も信じてくれない。よし、行こう。”
と、自分に言い聞かせるフレーズに翻訳して、何度も背中を押されてきました。

自分の中で勇気のいる決断、まだ無い新しいアイディア、先が保証できない行動、
そんな場面に出会ったとき、このトークで語られているアイディアは、前向きに人を進めてくれます。

ここで語られているリーダーは、必ずしも大企業や組織のトップだけでなく、どんなちいさなことでも、今の時代の基本的な考え方が伝えたれていると思います。

何をするかや、どうやるかではなく、なぜやるか。
足場が不安定になった時、ここを見つめれば、しっくり歩けると思います。

---
"People believe what you believe" 
is my favorite phrase which I often translated to tell to myself as
"If I do not believe it first, nobody is going to believe. I gotta believe, and go. " 

This words can move you forward positively especially when you need to make tough decision or when you have new idea which is not sure to promise the future perfectly. I think this talk is not only for the leaders who lead the organization/ company, but this is also fundamental leadership for all the people who live today.

It's not What and How,  We need to see "Why" to step firmly especially when you feel your step is unstable and lost. 

<関連のブログをもっと見る>

0 件のコメント :

コメントを投稿